CHECK

採用代行会社選びやメリットを比較!エンジニアRPOに関する雑学を幅広くご紹介

採用代行のことをRPOと呼びますが、エンジニアの採用は年々人手不足などから求人を出す企業が多くなっているけれど、より優秀なエンジニアを求める企業が多くなっていて採用にも競争が行われている状態です。自社にエンジニアの採用に精通しているスタッフがいないと以前にように求人を出しても応募者が見つからないなどのケースが多いといわれており、RPOの導入が必須になりつつあるようです。エンジニアRPOを導入することで、適切な人材を確保しやすくなる費用対効果が望める、自分の仕事に集中できるなどさまざまなメリットがあります。

そもそもエンジニアRPOとは?その意味を分かりやすく解説

エンジニアRPOは、Recruitment Process Outsourcingの略語で、日本語では採用代行や採用アウトソーシングなどの意味になるのでエンジニア採用代行といった意味になります。採用業務のすべて、もしくは一部を外部の事業者に委託するものでエンジニアRPOを導入することで自社内の採用業務の負担を減らしたり効率化が図れるので採用課題を解決に導きやすくします。 エンジニア不足といった課題を抱えている企業も多いようで採用代行を導入する会社も多くなっているようですが、代行が行うサービスには採用計画立案から入社後の定着支援まで一連の業務を支援するものや採用戦略などコンサルティングに強みを持つもの、採用に関係する実務の代行業務に強みを持つもの、このような3つが主なサービスの種類です。この中でも、コンサルティングに強みを持つ事業者は人材サービスを幅広く手掛けている企業が多いなどの特徴がありますので、幅広い実績および経験を持つので採用課題の解決に向けが効果的な提案を行ってくれます。

エンジニアRPOの主なサービス内容①:採用コンサルティング

エンジニアをRPOを利用して採用する際、そのコンサルティングをしてくれるのもメリットです。採用を丸投げできる業者もありますし、自社での活動のコンサルタントとして活躍してくれるケースもありそれぞれにメリットがあります。 今後は自社でエンジニア獲得の面接などを行ってい行きたい場合、採用コンサルティングをしてもらったほうがその後に生きる可能性が高いです。すべて任せることがで切れば、その分料金は高くなりますがRPOならではの充実したサービスを受けることができます。 エンジニアが不足している企業は非常に多く、その中でも優秀で即戦力になる人材の確保が急務という企業は少なくありません。せっかく雇ったのにすぐにやめてしまったり必要な知識がないというケースがあるのが一般的ですので、少しでも優秀な人材を雇いたい方は採用活動を外注するのがおすすめです。エンジニアといっても様々な種類がありますので、業界を熟知した業者選びがポイントです。

エンジニアRPOの主なサービス内容②:採用リクルーター

エンジニアRPOはIT関連の優秀な人材を確保したい企業と、転職や就職をしたい人材の橋渡しをして、双方にとって理想の採用を実現することをサポートするサービスです。ITに特化していることから豊富な募集案件が提供されているのをはじめ、高度なマッチングによって離職率が極めて低く、企業は長期にわたって人材を確保でき、登録者は希望するキャリアアップに臨むことができるのも評判です。そんなエンジニアRPOでマッチング率を高めている要素のひとつに、採用リクルーターの存在があります。通常、企業は募集のみを行い、登録者はエントリーのみを行うところ、同サービスでは採用リクルーターが募集案件に相応しい登録者を見つけると、面接や試験にエントリーすることをおすすめするものです。プロフィールや職歴などから判断し、この求人なら定着して企業に貢献できると判断された場合、スカウトされるという仕組みです。これにより自身さえも気付かなかった特性が分かり、新たな道が広がることがあります。

エンジニアRPOの主なサービス内容③:採用オペレーション

エンジニアRPOの主なサービス内容は、大きく分類すると3つあります。企業が抱えている採用課題を解決するため、さまざまな家役や戦略の策定支援を行う採用コンサルティング、採用業務に精通しているスタッフが企業内で採用のリクルーターになるサービス、企業内や指定場所、BPOセンターなどで採用に関する実務を代行する採用オペレーションです。エンジニアRPOでは、コンサルティング・リクルーター・オペレーションの3つが柱になりますが、採用戦略の立案やエンジニアのスカウト、求人媒体の運用など具体的な業務を担います。採用したい人物像の設定や求人媒体の提案、これから採用業務をスタートする上で必要な情報を代行会社とすり合わせ戦略を立てます。代行会社は多くの実績があるので、培われたノウハウにより自社に最適で効率的な戦略を提案してくれます。求人媒体などで採用したい求職者を発見したとき、スカウトもかのうです。候補者の選定からメール作成および送信など一任できます、当然自社の認知度アップも期待できます。

エンジニアRPOの導入の必要性と企業が抱える課題①:採用市場の最新動向

RPOは、専門性が高い業種で人手不足の状況が続いている、さらに採用の難易度が高いといわれている職種です。経済産業省が2016年に提出されたIT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果では、2030年になると約59万人のIT人材の不足が予測されるとしています。RPOが求められる背景には、人材不足に加えて採用の難易度が高いことがこれらの報告から理解できるのではないでしょうか。有効求人倍率が高い職種の起用は採用力を高める必要がある、エンジニア採用代行の導入はこの採用力を高める効果を期待できるメリットを持ちます。採用市場の最新動向は、転職エージェントが公開している求人倍率をみることで推測が可能です。大手転職エージェントの調査では、2022年度のIT技術職の求人倍率が過去最高の10倍を超えており、今後もエンジニア職の人は増加すると予測されます。売り手市場になっているといっても良いわけですが、企業が求める要件を持つ人材の確保のためには採用のプロともいえる採用代行の力は欠かせない存在になっています。

エンジニアRPOの導入の必要性と企業が抱える課題②:採用代行が求められる背景

有効求人倍率が高いエンジニア職を採用するために行うことは、採用力を高めることです。中小のアプリ開発会社やソフトウエア開発を手掛けている会社は、優秀なエンジニアを起用するために人材紹介会社を通じて、求人を募るケースが多いといいます。規模が小さくなると、会社内には採用に精通している人材がいないので円滑に人材を確保できないケースも少なくありません。そのため、RPOを導入する企業が多くなっているようです。 エンジニアを採用するためには、数多くの取り組みが必要になります。例えば、応募者数を増やすためのスカウト送付や新規のエージェント開拓、人材の意欲を高めるための記事制作やPodcast運用などの広報業務、そして他社とのバッティングに負けない面接の考案などが挙げられます。なお、人材から選ばれるための活動を自社だけで完結できる企業は減少傾向にあり、特に確保が難しい求人倍率が10倍以上といわれる優秀なエンジニアを確保するためにはRPO、採用代行企業と一緒に活動を推進させる必要性が高まっています。

エンジニアRPOの導入の必要性と企業が抱える課題③:採用代行の導入後の課題

RPOは、従来は企業に依頼するケースが大半を占めていましたが、最近では個人事業主や副業でこのようなビジネスを手掛けている人も多くなっています。ただ、フリーランスの場合は依頼できる業務が限定的になるケースが多いですが、柔軟な対応を行ってくれるなどのメリットがあります。企業の場合は、自社に最適な担当者を選ぶことは難しいものの安定的な業務依頼ができるなどそれぞれにメリットやデメリットがあるので自社に合うスタイルを選択すると良いでしょう。 エンジニアRPOを導入することで採用活動が円滑になる、より優秀なエンジニアの確保が可能になります。しかしながら、エンジニア採用代行を導入した後の課題もないわけではありません。採用代行企業との取り組みが増えると同時に、エンジニアリングに詳しくない人が採用に従事するといった課題も生じやすくなります。スカウトリストの精度が低いとかスカウトメールの作成ができない、スキルの見極めができないなどが挙げられます。面談数が確保できずに目標の未達、費用対効果の悪化など導入後の課題も考慮しておくことが大切です。

エンジニアRPOで依頼可能な具体的な業務①:応募者スクリーニング代行

エンジニアRPOで依頼できる具体的な業務の一つに、応募者スクリーニングがあります。これは書類選考を意味するもので、大量の応募が見込まれる企業の場合は書類の選考だけでかなりの時間および労力を費やすことになります。採用代行サービスには、選考基準をベースにしているスクリーニングにも柔軟な対応が取れるので安心です。仮に、自社の採用担当者がエンジニアの職務経歴書を見た際にスキルフィットの判断が難しいとなったときも採用代行サービスを提供している会社に依頼するのがおすすめです。書類選考の通過や見送りに関するすり合わせのチャンスを複数回設けることで、RPO企業はエンジニア採用に関しての知識およびノウハウを提供してくれます。 面接代行も依頼可能な業務の一つ、面接官が不足しているケースや採用担当経験がないもしくは経験が乏しい場合など憂苦です。採用経験が豊富な人事もしくはエンジニアが依頼先企業の採用要件に合わせて面談を実施、適切な選考を実行して貰えます。

エンジニアRPOで依頼可能な具体的な業務②:面接代行

エンジニアをRPOを利用して採用する場合、面接代行のサービスを受ける事が出来ます。面接に割く時間はコア業務をする事が出来なくなりますし、採用担当に対する負荷は大きいです。担当して採用したスタッフが即戦力にならなかったりトラブルが発生した場合に責任問題になることもあります。 エンジニアで即戦力になったり優秀な人材が欲しいなら、RPOならそうしたわずらわしさがなくなり委託できるので近年活用する企業が増えています。自社で行った方が節約できそうなイメージがありますが、優秀なエンジニアが見つからなければ時間の無駄になってしまうのが実情です。 エンジニアで優秀な人材は企業間でも取り合いになるほどですが、即戦力にならず向上心の無い人材は敬遠されがちですし採用しても意味がありません。良い人材を採用するためにも、こうした外部のサービスを上手に活用して、ニーズにマッチした人が見つかるよう最大限アプローチする必要があります。

エンジニア RPOに関する情報サイト
エンジニアRPOに関する雑学

このサイトは、採用代行会社の選び方や導入したことで得られる利点、事前に把握しておきたいデメリットなど幅広い雑学をご紹介しています。ここで紹介している雑学は、エンジニアRPOの導入が広がっている背景にはどのようなことがあるのか、企業の採用担当者が見ることでその全貌を掴むことができるようになります。また、導入する際に必ず役立つ事例についても紹介していますのでこのような悩みは解決できるのか事例を通じて把握できることからも参考にされることをおすすめします。

Search