CHECK

採用代行会社選びやメリットを比較!エンジニアRPOに関する雑学を幅広くご紹介

採用代行のことをRPOと呼びますが、エンジニアの採用は年々人手不足などから求人を出す企業が多くなっているけれど、より優秀なエンジニアを求める企業が多くなっていて採用にも競争が行われている状態です。自社にエンジニアの採用に精通しているスタッフがいないと以前にように求人を出しても応募者が見つからないなどのケースが多いといわれており、RPOの導入が必須になりつつあるようです。エンジニアRPOを導入することで、適切な人材を確保しやすくなる費用対効果が望める、自分の仕事に集中できるなどさまざまなメリットがあります。

そもそもエンジニアRPOとは?その意味を分かりやすく解説

エンジニアRPOは、Recruitment Process Outsourcingの略語で、日本語では採用代行や採用アウトソーシングなどの意味になるのでエンジニア採用代行といった意味になります。採用業務のすべて、もしくは一部を外部の事業者に委託するものでエンジニアRPOを導入することで自社内の採用業務の負担を減らしたり効率化が図れるので採用課題を解決に導きやすくします。 エンジニア不足といった課題を抱えている企業も多いようで採用代行を導入する会社も多くなっているようですが、代行が行うサービスには採用計画立案から入社後の定着支援まで一連の業務を支援するものや採用戦略などコンサルティングに強みを持つもの、採用に関係する実務の代行業務に強みを持つもの、このような3つが主なサービスの種類です。この中でも、コンサルティングに強みを持つ事業者は人材サービスを幅広く手掛けている企業が多いなどの特徴がありますので、幅広い実績および経験を持つので採用課題の解決に向けが効果的な提案を行ってくれます。

エンジニアRPOの主なサービス内容①:採用コンサルティング

エンジニアをRPOを利用して採用する際、そのコンサルティングをしてくれるのもメリットです。採用を丸投げできる業者もありますし、自社での活動のコンサルタントとして活躍してくれるケースもありそれぞれにメリットがあります。 今後は自社でエンジニア獲得の面接などを行ってい行きたい場合、採用コンサルティングをしてもらったほうがその後に生きる可能性が高いです。すべて任せることがで切れば、その分料金は高くなりますがRPOならではの充実したサービスを受けることができます。 エンジニアが不足している企業は非常に多く、その中でも優秀で即戦力になる人材の確保が急務という企業は少なくありません。せっかく雇ったのにすぐにやめてしまったり必要な知識がないというケースがあるのが一般的ですので、少しでも優秀な人材を雇いたい方は採用活動を外注するのがおすすめです。エンジニアといっても様々な種類がありますので、業界を熟知した業者選びがポイントです。

エンジニアRPOの主なサービス内容②:採用リクルーター

エンジニアRPOはIT関連の優秀な人材を確保したい企業と、転職や就職をしたい人材の橋渡しをして、双方にとって理想の採用を実現することをサポートするサービスです。ITに特化していることから豊富な募集案件が提供されているのをはじめ、高度なマッチングによって離職率が極めて低く、企業は長期にわたって人材を確保でき、登録者は希望するキャリアアップに臨むことができるのも評判です。そんなエンジニアRPOでマッチング率を高めている要素のひとつに、採用リクルーターの存在があります。通常、企業は募集のみを行い、登録者はエントリーのみを行うところ、同サービスでは採用リクルーターが募集案件に相応しい登録者を見つけると、面接や試験にエントリーすることをおすすめするものです。プロフィールや職歴などから判断し、この求人なら定着して企業に貢献できると判断された場合、スカウトされるという仕組みです。これにより自身さえも気付かなかった特性が分かり、新たな道が広がることがあります。

エンジニアRPOの主なサービス内容③:採用オペレーション

エンジニアRPOの主なサービス内容は、大きく分類すると3つあります。企業が抱えている採用課題を解決するため、さまざまな家役や戦略の策定支援を行う採用コンサルティング、採用業務に精通しているスタッフが企業内で採用のリクルーターになるサービス、企業内や指定場所、BPOセンターなどで採用に関する実務を代行する採用オペレーションです。エンジニアRPOでは、コンサルティング・リクルーター・オペレーションの3つが柱になりますが、採用戦略の立案やエンジニアのスカウト、求人媒体の運用など具体的な業務を担います。 採用したい人物像の設定や求人媒体の提案、これから採用業務をスタートする上で必要な情報を代行会社とすり合わせ戦略を立てます。代行会社は多くの実績があるので、培われたノウハウにより自社に最適で効率的な戦略を提案してくれます。 求人媒体などで採用したい求職者を発見したとき、スカウトもかのうです。候補者の選定からメール作成および送信など一任できます、当然自社の認知度アップも期待できます。

エンジニア RPOに関する情報サイト
エンジニアRPOに関する雑学

このサイトは、採用代行会社の選び方や導入したことで得られる利点、事前に把握しておきたいデメリットなど幅広い雑学をご紹介しています。ここで紹介している雑学は、エンジニアRPOの導入が広がっている背景にはどのようなことがあるのか、企業の採用担当者が見ることでその全貌を掴むことができるようになります。また、導入する際に必ず役立つ事例についても紹介していますのでこのような悩みは解決できるのか事例を通じて把握できることからも参考にされることをおすすめします。

Search